留学中に資金不足になることも多いでしょう。

生活費はもちろん交際費に意外とお金がかかることも多いからです。

両親などに充分な仕送りをしてもらえればいいですが、必ずしも皆がそうとは限りません。

東洋経済の情報を見つけよう。

それに裕福でなくても留学してその国の言葉や文化を学びたいと強く思う人は多いでしょう。
留学中の資金不足を補う方法としてワーキングホリデーがあります。
これは二国間で協定がなされてあればその滞在期間内で就労をしてもいいという制度です。

ワーキングホリデーの情報がいっぱい詰まったサイトです。

これは協定のある国の大使館などの公式ホームページ上などから応募してその審査に通らないといけないので、留学先でそのまま働いていいというわけではないので注意が必要です。

もちろん留学だけでなく長期の旅行の際も取得は可能です。

このビザさえ取得できれば、低予算で長期旅行が可能となるのです。

ただ、ワーキングホリデーは青年が対象なので年齢が高額になるとそもそも応募もできないという問題があります。

ワーキングホリデーを取得しないで働いてしまった場合それは違法になります。
海外で働きたいなら就労ビザをとる必要があります。



ビザなしで働いたという人もいるようですが厳密に言うと違法で仮に就労中に事故があったとしても保険は下りないので全額自己負担で治療ということになります。
絶対に事故が起きないとは言えないですし、そもそも法律違反なので海外で働く場合はワーキングホリデー、もしくは就労ビザを必ず取得するべきです。